「ネット上にない」ということ2

 少し前に「「ネット上にない」ということ」というエントリで書いたこととかぶると思うけれど……。


 昔、RCサクセションというバンドがあった。
 忌野清志郎、チャボのバンドね。

 今のワカイモンは知らないエピソードなのかもしれないが、知っている世代にはインパクトのあった話。
 まだソ連も全面核戦争の危機感もあった時代。チェルノブイリ原発事故があり反原発運動もリアルだった時代。

 RCサクセションの『COVERS』というアルバムと先行シングルが、発売日(アルバム08/06、シングル06/25予定)の直前で発売中止になってしまった。
 反核・反原発を歌った曲が入っていたから。
 詳しい経緯は「COVERS – Wikipedia」にも載っている。
 これによると……経緯はこうだ。
 

本来は、所属レコード会社の東芝EMIから発売される予定だった。しかし、「ラヴ・ミー・テンダー」と「サマータイム・ブルース」で反核・反原発が歌われており、特に後者は露骨な原発批判のため、自身が日本の原子炉サプライヤーでもある親会社の東芝からの圧力がかかり、先行シングル「ラヴ・ミー・テンダー」ともども、「素晴らしすぎて発売できません」という新聞広告(1988年6月22日付全国紙)と共に発売中止となる。

 
 この広告とは、こんな感じ。



この広告は月刊雑誌の広告

 この衝撃的な(^O^)「中止理由」といい、そのほんとの理由といい、かなりインパクトのあった「事件」だった。

 ……とまあ、それはそれとして。(^^)

 このWikipediaの記事は、

「すばらしすぎてはつばいできません」

 を、

「素晴らしすぎて発売できません」

 と表記している。

 しかし↑の広告を見てもらえばわかるように、本当の表記は、

素晴しすぎて発売出来ません」

 だ。

 ではこのあたりの表記でググったりヤフったり(^O^)してみるとどうなるか。

“素晴らしすぎて発売できません” – Google

 検索結果 97 件。

“素晴らしすぎて発売できません” – Yahoo!

約502件

 他にもやってみる。

“すばらしすぎて発売できません” – Google

 検索結果 10 件。

“すばらしすぎて発売できません” – Yahoo!

 約15件。

“すばらしすぎて発売出来ません” – Google

 検索結果 5 件。

“すばらしすぎて発売出来ません” – Yahoo!

 約14件。

 ところが、実際に広告に使われた表記「素晴しすぎて発売出来ません」でググってみるとどうなるか。

“素晴しすぎて発売出来ません” – Google

 検索結果 1 件。

“素晴しすぎて発売出来ません” – Yahoo!

 約1件。

 Google、Yahoo!ともに、引っかかるのは私のサイト(「名言 – す」)のみ。(^^;

 もし今、こういう「事件」が起こったら、それこそネット上には書き込みが溢れるだろうし、それぞれ別々のプロセスで上げられるわけだから、(不正確なものも含めて)正確なものもちゃんとオンラインになるだろう。

 それに比べて1988年という、たった21年前の(それも決してマイナーではない)出来事に関してはこうなのだ。

 「ネット環境がほぼなかった」時期だというだけで、これだけの事件が、正確な表記を誰も書けないくらい遠い話になってしまっている。

 ……何度も言うが、「ネット上にない」ということは「実際にない」ことではないのだ。

 ネット上にないということは、単に「ネット上にない」というだけのこと。

 きっと「何わかりきったことを」と言うだろうけど、いやそう言ってもらいたいわけだけども、案外、油断するとそういう思考をしていることがあるような気がする。

 どうだろう。

突然食いたくなったものリスト:

  • ピザまん

本日のBGM:
Love Me Tender /The Timers
Summer Time Blues /RC SUCCESSION

上はタイマーズでのライブ。リスナー以上に「音楽のチカラ」を東芝は信じていたってことかな。





コメントを残す

Your email address will not be published.

CAPTCHA