なにわの焼そば(阪南製麺協業組合/堺市西区)

 スーパーで売られている、粉ソースが添付された3食パックの焼きそば。
 だいたい100円前後で売られている。
 
 これでも結構安いのだが、安めのスーパーに行くと普通の単品の焼きそば用麺が1玉10~20円で売られているので、そっちを買って普通にウスターソースで味付けをする方がさらに安い。(^^; なので普段はそうする。
 
 しかし最近、うまい焼きそばを見つけたのでご紹介。
Continue reading

コーラの前をムカデダンスで横切るヤツ

 「ゲボバ飲料」というジャンルがある。
 
 簡単に言えば、「マズい清涼飲料」。
 
 清涼飲料水業界はカップラーメン業界などと同じく、新製品がたくさん出るがほとんどが定番になることはなくワンロット~数ロットで終わってしまう。このことを見越してか「数打ちゃ当たる」というスタイルで押してきている(業界では「千三つせんみっつ」というそうだ。1000の商品を出して生き残るのは3つにすぎない、と)。コンビニ時代になるとその傾向は加速したようにも見える。
Continue reading

わんこそばって何じゃろ?

 先日、某うどんチェーンの前を通ると、ノボリが何本も立てられていた。

わんこそば(一人前) そば食べ放題

と。値段は1590円。

 そば食べ放題、ではなく、わんこそば食べ放題だと。
Continue reading

【メモ】CD-Rに焼いた曲が無音

 前から何度か遭遇してきた現象ではあるのだけども……。
 
 CD-Rに焼いた音楽CDが、CDプレイヤーで音が鳴らないという不思議な現象。
 
 焼きに失敗したのであればおそらくCDプレイヤーの表示は「No Disc」となるはずだが、曲数も分数も認識している。再生中の再生時間表示もちゃんと表示されている。ただ、音が鳴らない。
 
 CDプレイヤーでなくPCに挿入しても、オーディオCDとして認識されるが再生時に音が出ない。
 
 元ファイルが悪いのかと確かめてみるが、PC上で再生する分には問題なく再生される。
 
 むぅ。
  Continue reading

ヤキメシと燃料

 先日、ある本をパラパラとめくっていると、興味深い記述に出くわした。
 
Continue reading

謎の豆腐……?

 先日、友人(私の今のハンドルネーム「ひえたろう」の由来となる雑誌を作った人)の実家を訪問した。
 
 当日はしゃぶしゃぶをご馳走になったのだけど(ありがとう)、それとは別にお土産として出してもらったものがとてもおいしかった。
 
 それがこれ。
Continue reading

リアルタイプすぎる○○除け

 あるコンビニで、壁の下の方に、たくさんの写真が貼られていた。


あるコンビニ

Continue reading

忍者ツールズがスマホにオーバーレイ広告を出す

 当ブログはアクセス解析に忍者ツールズを使っている。いや正確には使っていた
 現在は外している。
 
 先日、このブログを間借りさせてもらっている「PSJ渋谷研究所X」の亀さんから連絡があった。
 スマホでここにアクセスすると、オーバーレイ広告(スマホの下からうに~って出てくるあの広告)が表示されるのだと。
Continue reading

内風呂の芸術

 先日、ある取り壊し前の民家に行くことがあった。
 築40年くらいの木造建売住宅。1970年代のサラリーマンが買う、ベッドタウンの1軒家だ。
 子供が1~2人いる30~40代の働き盛りの若い夫婦がメインの買主だったのだろう。老後のことなんか想像もしてなかったような急勾配の階段が特徴的。(^^;
 
 内装を見る限り、家主はちょっと凝った感じの雰囲気が好きだったんだろうと想像できる。素人仕事ながらいろいろ手も加えていた。
 
 その中で一番印象的だったのが、お風呂だった。
 狭めの浴室の壁に、こんな絵が描かれていた。
Continue reading

コンビニ冷食のキャッチフレーズ

 名前というのは重要だ。
 特に商品名は、その名前によって売れ行きが左右される、非常に大事な要素だ。その商品の名前を的確に伝える……ことはもちろん重要だが、それ以上に「購買欲を刺激する」名前が重要になる。安価な、それでいて商品ごとの差別化が難しいコンビニ商品などはまさにそういう対象だろう。
 
 最近気がついたのだけど、コンビニにはそのコンビニのPBの冷凍食品が多く列んでいる。
 そしてそれぞれの商品名には必ず、キャッチコピーが添えられている。ファミリーマートに至ってはそこまで含めて商品名になっている。
Continue reading

東芝ボストンと日本のモノづくり

 昔、父は私が生まれる直前頃に家を建てた。当時の平均的なサラリーマン家庭がそうだったと思うが、やはり1軒家を建てるのが夢で、それが今よりは一般的に実現可能な夢だった。
 
 しかし家を建てたはいいが、何を置いたらいいんだ?という問題は多くの家が抱えており、その需要に応える形で例えば誰も読まない大量の百科事典であったり家具調のテレビやステレオがやたら売れた。
 
 その当時買った東芝ボストンというセパレートステレオを父はまだ持っている。「セパレートステレオ」というのは本格オーディオ流行の前時代、レコードプレーヤー、アンプ、ラジオが一体になった部分と左右2つのスピーカーが分かれて3つに分離(セパレート)したセットで、1960年代くらいに爆発的に売れ多くのメーカーが参入していた。東芝ボストンはその1つ。

Continue reading

過去記事はゆっくりと

 どうやら過去記事を一気に上げるのは難しいようだ。
 いや、システム的な問題というよりは、内部リンクなどの問題が大きい。

 あと、全部上げる必要があるのかとか、エントリ執筆時期以降にわかった事実、変わった認識などとの関係で、追記や変更したい部分をどうするかとか、考えることはいろいろ。
 まあブログというのは最終的には自分のためにやるんであって、好きにやるつもりだけど。

 例えばとりあえず一発目に過去記事を復活させてみた「浅草の河金と心斎橋の河金三代目」というエントリには「積ん読解消運動(6)『とんかつの誕生』岡田 哲」という記事への内部リンクがある。しかしこれは2017年3月8日現在、デッドリンクになってる。上げてないからそりゃそうだ。

 こういうのから優先して上げていくのがいいようには思ってる。

 ま、のんびり見守ってください。

引っ越してきました

 こちらに引っ越してきました。

 自分でサーバーを借りるかなあ、とかいろいろ迷っているときに亀さんから声をかけていただいたので、厄介になります。m(_ _)m

 新アドレスはhttp://hietaro.kameo.jp/です。

 2017/02/27現在、前の場所(http://taizo3.net/heitaro/)はすでにアクセスできなくなっているようです。
これまでいろんなところからリンクを張ってもらったりブクマしてもらっていたのにエントリが Not Found になることは非常に残念で、申し訳ない。
 仕方ないことなので、どうぞご容赦ください。

Continue reading

浅草の河金と心斎橋の河金三代目

 先日、何だったかのきっかけで堂島ロールを検索した。堂島ロールは関西では超有名なロールケーキ。
 
 するとここでも本家・元祖的な争いがあったことを知った。
 堂島ロールが有名になってから、なんか便乗商法的に似たようなのがあるなと思ってたのだけども、それ以上の話があったようだ。
 ↓このサイトがよくまとまっていると思うので、興味がある方はどうぞ。
 
「堂島ロール」の物語が想像以上に燃え上がってて笑った(商標とかのお話)(NOBODY:PLACE)
 
 こういうのをまとめてくれてるとわかりやすくていいなあと思ったので、今回は、まだネットにはあまり上がっていない1つの案件についてまとめてみようと思う。
 
 それは東京・浅草の洋食店河金の話。

Continue reading

初詣で見つけたいい屋台

 私は神社が好きなこともあり、初詣はだいたい複数の神社に行く。
 そしてソースが好きなので、そこの屋台で使われているソースをやたら観察する。(^O^)
 屋台とソースは非常に相性がいい。たこ焼き、いか焼き(丸焼きじゃなく大阪のやつね)、焼きそば、玉子せんべい……。
 
 私が例年行っている神社は住吉大社。1月10日前後には今宮戎の十日戎に出向く。
 この2社は参拝客がかなり多く、その分出ている屋台も多い。

Continue reading

1本の串のドラマ

 最近、ネット上で話題になってたこと。
 
 おそらくはこれを読んでる方もご存じだろうとは思うが、「焼鳥を串から外して食べるか」という話。
(とはいえネットの話題なんてすぐに忘れられるから、数か月後にこれを読んだ人にはさっぱりわからない話かもしれない)
 
 発端はある焼鳥屋さんのブログ記事。
 
焼鳥屋からの切なるお願い


上記ブログより

Continue reading

だるまや@松原市

 ここはある人に「ソウルフード」ということで教えてもらった店。
 安くておいしい、串カツ&お好み焼きの店だと。
 
 「安くておいしい、串カツ&お好み焼きの店」。
 もうこの1文で完璧じゃないか。(^O^)
 
 ぜひ行きたいと思っていたところ、たまたま機会があったので行くことができた。
 とてもよかった。

Continue reading

「安心」のための国産化?

 王将で見かけたポスター。


2014年秋、餃子国産化。

Continue reading

鶏つけめん@某店(つづき)

 前回のエントリ(「鶏つけめん@某店」)で、某店で異次元のヒドい麺を出されたことを書いた。
 
 その最後のところで、
 

 食べログの投稿を見ていると、つけ麺の麺が「冷たい」という記述があった。
 とすると、今回のことは常態ではなくたまたまだったのかもしれない。
 もう一度行って確かめるべき……かなあ。いや、どうなんだろうな。

 
 と書いた。
 実際にあれは問題外にヒドすぎたので、やっぱり何かの間違いなのだろうとまた食べに行ってきた。(^^;;;
Continue reading

鶏つけめん@某店

 先日、久しぶりにつけ麺で超弩級の地雷を踏んだ。
 あまりにヒドいので、書かざるを得ない。
 例のごとく店名は伏せる。わかってしまう人がわかってしまう分には仕方がない。
 
 去年の12月にオープンしたというから、新店と言えば新店だが、オープンから8ヶ月となればさすがにオペレーションができあがってなくてはおかしいので新店ゆえのブレではないと考えている。
Continue reading