«

»

道とん堀大阪本店が閉店していた

 これまで何度か話題にしてきたお好み焼き店「道とん堀」大阪本店が、2013年9月末日で閉店していた。


道とん堀ウェブサイトより


↓過去に話題にしたエントリ。
素敵な偶然(2010年5月7日)
お好み焼き店のキャベツの切り方と生地(2010年10月3日)
もうちょっと調査なり何なり(2012年8月21日)
 
 どちらのエントリもメインの話題ではないけれど、お好み焼き店「道とん堀」についても触れている。
 改めて書くと、現在日本最大のお好み焼きチェーンである「道とん堀」は、その名前とは裏腹に創業の地は東京都福生市。
 まあ神戸らんぷ亭だって関西にはないし、トルコライスをトルコ料理だと思う人もいないわけで、この手の名前については必ずしも悪印象を持つわけではない。
 
 しかしここは、はっきりとこの名前が与えるイメージを利用している。とはいえ商売だからまあ、そういうイメージ戦略もアリだろう……とも思うのだけども、道とん堀が新たに展開しようとしているブランドが「串カツ新世界」だと聞いてしまうと、もうそういう心のブレーキは外しちゃっていいんじゃないかと思うようになった。><
 しかもこの「串カツ新世界」は、ビリケン像を置いて「2度づけ禁止!」。そしてなぜか肉吸いまで出してる。><
 もう好きにしやがれ。
 
 で、こういう名前を持つチェーン店のイメージ戦略としては、やぱり本当に大阪の道頓堀に店を構えたいところだ。
 それが叶ったのが2007年3月。
 道頓堀の、千房(大阪のお好み焼きチェーン)とわらい(京都のお好み焼きチェーン)の間に鳴り物入り(「おかんドリーム」)で乗り込んできた。


道頓堀にあった道とん堀大阪本店

 そしてこの店には「大阪本店」と名前をつけた。
 関西以外の人が見れば、おそらくこれを本店だと思うことだろう。(この人もそうだろうなあ。⇒食べログのレビュー
 つまりここは、このチェーンのフラッグシップとなるべき店だということだ。採算以上に、「ここにある」こと自体が重視される店。
 当初の目論見としては、ここを起点に関西圏の店舗を増やしていく予定だったのだろう。ここが開店した当初は「3年後[=2010年]には関西圏で150店舗まで増やす計画」とのコメントもあった。
 しかし↑で貼ったサイトの画像を見てのとおり、2013年10月現在、大阪府下に2店舗しかない。3店舗あったのが大阪本店が閉店したから2店舗だ。(2010年にエントリを書いた時点では4店舗だった)
 
 その「大阪本店」を閉めたと。
 
 つまり、道とん堀の関西戦線は敗北、「大阪本店」の放棄により撤退戦に入ったということなのだろうか。
 あるいは逆転の秘策があるのか。
 これからの推移を(串カツ新世界と共に)見守りたい。
 
 ……結局、この店一度行っただけだったなあ。その時の話は少しだけ「お好み焼き店のキャベツの切り方と生地」に書いた。

 ちなみに道とん堀福生本店というのもあるが、これも創業店ではないそうだ。
 様々なチェーン店の「本店」ばかりを巡るという面白いブログ「本店の旅」さんで、ここもレポートされていた。
 
お好み焼 道とん堀 本店 福生本店

 ところで道とん堀公式サイトの「全国の店舗一覧」というページは、全国の店舗を一覧できない。(^^; 「一覧」という言葉の意味を知ってるのだろうか。

突然食いたくなったものリスト:

  • きのこのホイル焼き
  • さんま
  • ビール

本日のBGM:
颱風 /はっぴいえんど
颱風歌 /SADISTIC MICA BAND





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA