2018年1月20日 archive

落語のディテールとリアリティ(井戸の茶碗)

 落語だって「ストーリー」だ。フィクションであれノンフィクションであれ、ディテールには話に入っていける程度のリアリティが必要だと思う。  たとえば「大阪の落語は(東京の落語に比べて)理屈っぽい」とはよく言われる。  これ …

Continue reading