«

»

チャーシュー丼って難しいのか

 ラーメン屋のサイドメニューといえば、チャーハンと餃子。
 これはたいていの店にある。
 ラーメン屋のサイドメニューのトップ集団というところだろうか。
 
 続いてチャーシューのおつまみ。
 そこに続くのがチャーシュー丼や唐揚げくらいかな。このあたりがラーメン屋のサイドメニューの2番手集団。

 私自身はラーメン屋でサイドメニューを頼むとなれば、どうしてもトップ集団から入ってしまうので、なかなかチャーシュー丼に行くことはない。どの店でやっているものでもないし。
 だからなかなか食べることがない。
 
 ところが最近、珍しくラーメン屋で何度かチャーシュー丼(メニュー名は店によっていろいろ)をいくつか食べた。
 
 いくつか食べて思ったのだけど、意外とチャーシュー丼は難しいのかもしれないな、と。
 チャーシューがおいしいかどうかという根本的な話もあるが、案外、タレが難しいように見える。
 
 これは正直、意外なんだよなあ。
 
 私はここはラーメンの醤油ダレだとか、あるいはチャーシュー自体を煮たり漬け込んだりする時に使った醤油だとか、そういうものを使えばいいんじゃないかと思ってたのだけど、意外にもそれを使っていないところがけっこうある。
 では何を使っているのかというと……。
 
 めんつゆやウナギの蒲焼きのタレ(あるいはそれらに類似する味のもの)だった。prz
 
 これはねえ、正直、チャーシュー丼には微妙に合わないと思うよ。ちょっと合うような気がしちゃうけど。
 どうしてそういうことするんだろうなあ。
 まあ、チャーシューの作り方、仕入れ方も店それぞれだろうからいろんな事情があるんだろうねえ。
 
 しかしこれならまだ普通の醤油を使った方がマシだと思う。
 醤油だっていろいろある。うま味の強いやつとか、九州の甘いやつとか。工夫は色々できるだろう。
 そちらの方がよっぽどおいしくなると思うんだよなあ。
 
 いや、プロがそれに思い至らないわけがないとは思うんだけどね。
 
 だからどうしてあんなタレを使うのか、ほんとに不思議なんだ。


某店のふわ玉チャーシュー丼

 盛りつけもいい。チャーシューもおいしい。玉子もいい感じ。
 なのにタレがどうしてウナギの蒲焼きのタレ(あるいはそれに似た味のする液体)なんだ。
 この店はラーメンはとてもおいしいのだが、ラーメンのチャーシューはこれとは違う、いわゆる「レアチャーシュー」だ。他にも鶏のチャーシュー(こういう呼び方していいのかどうかわからないが)が使われていて、チャーシュー丼に乗っかっているチャーシューは専用に作っているのかもしれないし、それは醤油ダレに漬け込んだり煮たりするような作り方をしているわけではないのかもしれない。
 せっかくの材料と盛りつけを、このタレが台無しにしていて残念で仕方なかった。


某店の焼き豚丼

 チャーシューは出来合いか、あるいはこれで自家製ならもうちょっと考えた方がいいというもの。それに海苔を乗せ、麺つゆ(あるいはそれに似た味のする液体)をかけてちょろっとネギを載せていっちょ上がり。隣の友人は2口くらいで食べるのをやめた。


某店のチャーマヨ丼

 これはかなり前に食べたもの。
 チャーシューの端っこの部分を集めて作ったもので、つけ込み醤油がたくさんついているから、それにプラスしたタレはかけていないかもしれない。それをご飯に載せて、マヨネーズを大量にぶっかけたもの。
 ここは醤油が売りの店なのだが、にもかかわらず醤油ダレが苦くてえぐみがあって、それをカバーするべきマヨネーズも力及ばず、正直、食べ進むのも辛かった。
 この店がこのメニューを今でも出しているかどうかは知らない。
 
※昔、地下鉄桃山台駅近くに九州ラーメン福将軍というラーメン店があった。1984年開店の老舗で、去年(2014年)惜しまれつつ閉店した。
 そこの名物がチャーシューのヘタで作られた「ヘタ丼」だった。
 ここのチャーシューはバラ肉の煮豚を砂糖と醤油で味付けしたもので、昔はよくこういうチャーシューを出す店があったのだけども、最近の店ではあまり出会わない。
 それのヘタばかりを集めてご飯に載せ、温泉玉子を潰しながらいただく。これはうまかった。

 冒頭に書いたとおり、さほどチャーシュー丼を食べる方ではないのでたくさんのものから比較するわけにはいかないが、チャーシューがまずい店は問題外として、チャーシューはおいしいのにチャーシュー丼がまずい(おいしくない)店というのはあまりにもったいない。
 しかもそれがやたら安易なタレのせいというのであれば、チャーシューにかける手間の1/10でもいいから、タレに気を使ってほしい。
 あるいは場合によってはタレ「なし」という選択もアリだろう。
 
 脇役とはいえ、チャーシュー丼、もうちょっと力を入れてください。m(_ _)m

 そんな中、今まで食べたチャーシュー丼の中で一番うまいのは、純情屋のチャーシュー丼。


純情屋のチャーシュー丼

 純情屋は私がいつも一番うまいつけ麺屋だと言ってる店なので、まるでここの回し者のように見えるかもしれないが(^^;、実際、チャーシュー丼も抜群にうまいのだから仕方がない。
 
 ここのチャーシュー丼は量が多い(しかも1000円する)ので、ハーフ(500円)を頼むのが吉だと思う。(上記3つはお茶碗だが、これはラーメンやつけ麺の丼)
 ハーフでもかなり量があるから(ご飯多めに、とか聞いてくれるし/ドカ盛りとかそういう店じゃないのでそれなりだけど)、これとつけ麺で腹一杯。南大阪くんだりまで来た甲斐があるってもんだよ。

 これはチャーシュー丼といっていいかわからないが、天下第一天下一品ではない)のパイカ丼はなかなかいい。
 パイカとは「豚バラ軟骨の甘辛トロトロ煮」だそうで、チャーシューという扱いではないのでラーメンには乗っていない。
 おつまみとパイカ丼のみの提供だが、パイカ丼はなんと290円。
 これだけ食べてもいいくらいの気持ちだ。
 
 同じようなトロトロ軟骨がラーメンに乗っている店といえば、池田のらーめん日本(「パイク」と呼ぶ)と西宮のだんじょう軒(「豚なんこつとろとろ煮」と呼ぶ)を思い出すが、これらの店ではチャーシュー丼(いすれの店にもメニューにはある)を食べたことがなくて、そのトロトロ軟骨が乗っているのかどうかも知らない。
 もしこれが乗っているならおいしいことは間違いないが、いずれにせよここでいうチャーシュー丼とは少し違う気もする。

 ひるね@西宮のチャーシューも特徴的でおいしい。


ひるねの焼豚

 しかしひるねにはチャーシュー丼はない。
 
 あと、最近流行りの「レアチャーシュー」でも、あまりチャーシュー丼は見たことがない。タレの工夫によってはかなりうまいものができあがると思うけど、いいところがあるだろうか。

 うまいチャーシュー丼を出す店があれば、教えてくれるとありがたいです。
 m(_ _)m

突然食いたくなったものリスト:

  • でん六チョコ

本日のBGM:
Holliday in Cambodia /LAAZ ROCKIT





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA