群青@天六

 ネット上で非常に評判のいい群青に、やっと行くことができた。

 土日水が休店日なのでなかなか行けなかったんだよなあ。

 今年の初めに一度、やっと行けた日があった。見つけにくいのを探しに探してやっとたどり着くと、そこには「スープ切れ」の貼紙が……。prz 泣きながら代わりの店を探し、近くのつぼやに入ったらこれが残念な店で、ほんとに泣いてしまった。でもそれは群青のせいじゃない。
続きを読む

大門のメタボ焼

 以前(「オモニと大門、甲乙つけ難し」)書いたことのあるお好み焼き屋の大門の数多くあるメニューから「メタボ焼」をご紹介。1枚1500円也。
 何? 高い?
 まあ、この量を見ろ。(^O^)
続きを読む

カセットテープ型mp3プレイヤ

 少し前にはたまにカセットテープ型のmp3プレイヤを見かけた。

 単に形がカセットテープの形をしているというだけであれば、このご時世にこの大きさは犯罪的だ。(^O^) しかし、(一部の)カセットテープ型mp3プレイヤにはそれとは違うメリットがある。

 カセットデッキでも再生できるのだ。
続きを読む

だったら真ん中を渡ればいいんですよ

 いつもというわけではないけども、私は外食する時にマイ箸を使っている

 これを使っているだけで、それに気づいた人が私のことを勝手に「いい人」と思ってくれる非常に便利なグッヅだ。(^O^)

 実際のところは「もらったから」「この箸の方が割り箸より使いやすい」「この箸で食う方が割り箸で食うよりうまく感じる」以上の意味はないんだけどねえ。

 割り箸が間伐材を使っているのであれば、それはそれで逆に消費する意味もあるように思うし、私は必ずしも割り箸反対ではないのだ。

 ただまあ何にしろ使いすぎるのはよくはなかろうとは思っているけども。
続きを読む

「ネット上にない」ということ2

 少し前に「「ネット上にない」ということ」というエントリで書いたこととかぶると思うけれど……。

続きを読む

それぐらいがメリットです。(生駒市の病院の話)

 いくらなんでもあんまりだと思うので、珍しく?社会派なことを書いてしまおう。
 ちょっと長いけど。

 生駒市の病院の話。
 私は生駒には住んでないんだけども、ちょっとした因縁があって、いろいろ話を聞くのだ。

 要は、奈良県なり生駒市なりの医師会が、患者のことなんか考えちゃいないって話。(個別の医師はもちろんそんなことないと思うが)
続きを読む

のれんの野望

 先日の丼の話(「ラ丼を売らん」)に続いて、今度はのれんの話。

 これも昔からちょっと気になってたんだけども、丼と同じく、意外に汎用品ののれんを使ってる店が多い。

 普通ののれんは屋号が書かれているわけだけど、汎用品なので屋号はなく、取扱い品(つまり、「ラーメン」だとか「中華そば」だとか「餃子」だとか)が大きく描かれている。

 これがよくわからない。もし自分が一国一城の主として店を出すとしたら、のれんくらいはオリジナルのを染めてもらうんじゃないかと思う。……そんなことないのかな。素人考えか?
 まあ新規出店ってのは何かと物いりだから削れるところは削るってことだとすれば、それはそれでわかるんだけどね。

 でも何枚も要るわけでなし(^^;、まさに店の「顔」なんだし……。

 考え方が古いだけかな。
続きを読む

ラ丼を売らん

 最近よく紹介している2009年版のラーメン本をつらつらと見ていて興味深かったのは、それぞれの店が使っている丼。

 もちろん店のネームが入った丼を使っているところも多い。ただ、これはなかなかコストがかかるのだろう。汎用品を使っている店も随分多い。
続きを読む

○丈@天保山

 これまで天保山麺哲だった店が麺哲から独立し、2008/12/04、中華そば ○丈として再開店した。



暖簾は変わったが、上部の板の看板は変わってない。

 メニューも変わり、これまでとは違うものとなっている。

 そこで、2種類あるメニュー(中華そば(東大阪高井田風)○丈そば(和歌山風中華そば))のそれぞれを同行者と1つずつ頼んで試してみた。

 しかしどちらも、わざわざこういうことをやる必要があるのか?という疑問が残った。
続きを読む

オモニと大門、甲乙つけ難し

 何度か書いたけども、大阪でお好み焼きの名店といえば、鶴橋のオモニだ。
 これは有名だし、実際に非常に旨いと思う。



スジ肉ポッカ

特製チャンポン(焼きそば&焼きうどん)

坂田利夫スペシャル

 もし大阪に出て来る知り合いに「お好み焼きが食べたい」と言われれば私はここに連れて行く。
 しかし市内だけではなく、南大阪にもお好み焼きの名店はある。
 しかもいかにも南河内らしく、ひっじょ~~~~に濃い店が。(^O^)
続きを読む

オモニと大門、甲乙つけ難し

 何度か書いたけども、大阪でお好み焼きの名店といえば、鶴橋のオモニだ。

 これは有名だし、実際に非常に旨いと思う。



スジ肉ポッカ

特製チャンポン(焼きそば&焼きうどん)

坂田利夫スペシャル

 もし大阪に出て来る知り合いに「お好み焼きが食べたい」と言われれば私はここに連れて行く。

 しかし市内だけではなく、南大阪にもお好み焼きの名店はある。
 しかもいかにも南河内らしく、ひっじょ~~~~に濃い店が。(^O^)
続きを読む

「ネット上にない」ということ

 こういう↓エントリを見つけた。

・「藤子・F・不二雄「名言」コピペの嘘」(大卒無職がなぜか大学受験の勉強をする)

 もう1年も前の記事で、たくさんのはてブもついてるので一層「古い話題」感はあるんだろうけど、ちょっと思ったことを。
続きを読む

つけ麺維新でつけ麺バブル

 とうとう出てきた「つけ麺コンサル」。

 あるラーメン店にDMが送られてきていた。

 この人たちは苦しいラーメン店の救世主か? それともなけなしの金を搾り取ろうとする、無責任なハイエナか?
続きを読む

麺の切刃の番手

 昨日のエントリ「伝説?」で麺の番手の話をしたので、こういうのを。



比べやすいように箸と定規を入れてみた。

続きを読む

南大阪のつけ麺、夢のコラボっっっ!

 何度か書いた話だけども、この10年ほどで大阪のラーメンはそれまでとは比較にならないくらい大きな進歩を遂げた。

 そしてその過程で起こり、現在でも続いている関西のつけ麺ブームの中で、大阪にはいい店がたくさん出現し、大阪の「麺地位(^O^)」浮上に大いに貢献している。

 ちなみに今の関西でのつけ麺ブーム、関東の人にとっては「何を今さら」感があるのかもしれない。しかし、10年前の大阪のラーメンのレベルでは、つけ麺のムーブメントは起こりようがなかった。つけ麺は麺中心の食べ物だけども、当時、まともな麺を食わせるラーメン屋なんて大阪にはなかったんだから。大阪でのつけ麺のパイオニアであるつる麺(鶴橋→東大阪→閉店)や純情屋は、数年間はかなり孤独な戦いを続けることになる。
続きを読む

どうしても書きたいので

 どこに書くべきか悩んだんだけども……。

 mixiにはCDのレビューのページがあって、好きなアルバムにレビューをつけることができる。

 その中にはFLOWER TRAVELLIN’BANDのアルバムもあって、たまたま読んだら、どうしてもツッコミを入れたいレビューを見つけてしまった。

 レビューっていうのはきっとそのレビュー自体への「反論」は想定されてないだろうし、実際、そういう場所も用意されていない。レビューの下にコメント欄でもあれば別なんだろうけど。

 かといってわざわざこの人の日記に出向いていって書くのもナンだし、だいたい3年以上前のレビューだし……、でもやっぱりツッコミは入れておきたい……。ということで、ここに書くことにした。
続きを読む

2008年に食べたラーメン/つけめん

 あまりに中途半端な時期であるが(^^;、今年に入って全然書いてなかったので思いだしたようにまとめてみた。
続きを読む

お宝

 大阪でも知っている人がどのくらいいるのかわからないが、現在、「ミュージアムウィークス大阪2008」というイベントが行われている(2008/09/13~2008/10/13)。

 大阪市立の8つの博物館・美術館・動物園が、各施設の所蔵するコレクションの中からその年ごとの「お宝の一品」を同時に公開するキャンペーンで、8施設揃っての同時公開は年に1度、このキャンペーン期間中だけとなっている。
 「芸術の秋」ってやつね。(^O^)

 参加施設は以下の8施設。
続きを読む

MTG巡りの顛末(長いよ)【訂正あり】

【注 2008/08/22】「しゃかりき」の部分の表現が、パブリックな場での表現としてストレートかつ独善的に過ぎました。また、頑張っている店に対して不適当な表現もあったと思いますので、本文を一部訂正しました。

 先日来、何度か書いているように、現在、1ヶ月限定で、麺屋棣鄂の新麺「MTG」を使った塩つけ麺『MTG』というつけ麺を京都、大阪の3店舗で提供するという企画が行われている。



関西3店舗限定コラボ企画
塩つけ麺『MTG』


 参加しているのは京都千丸しゃかりき(京都)、吟醸らーめん久保田(京都)、鶴麺(つるめん/大阪)。
続きを読む

【出雲その1】出雲大社と美保神社

 というわけで、出雲大社の本殿を見せてもらいに行ってきましたよ。

 せっかく島根に行くんだからと計画を立てて、結局、参詣した神社は8社。旅館の近くにあった小さいのにも行ったから、厳密には9社かな。
 当初の予定で行けなかったのは須我神社のみだから、かなり上出来だったと思う。
 一緒に行った友人はよくつきあってくれた。感謝。m(_ _)m

 行った9社は全てが大社造で、なかなか壮観だった。
続きを読む