Category: ラーメン・つけ麺

Let’s 導入 つけ麺!(加筆アリ)

 で、コンサルの話。  いろいろあるのだけれど、今回は「つけ麺の導入法」について。  先日、「関西ラーメン産業展2009」に行ったら、今年もコンサルがたくさんブースを出していた。  その中に、以前「つけ麺維新でつけ麺バブ …

続きを読む

Screams From The Grave

 タイトルは知ってる人もなかなかいないアメリカのABATTOIRというバンドの曲タイトルなんだけども、そんなことは本題とあまり関係ない。(^O^)  雨後のタケノコのようにポコポコと出来、あっという間に消えていったラーメ …

続きを読む

Show Me The Way(大幅加筆)

 『開業法・味づくり・経営のラーメンQ&Aブック―有名店主が答える』(旭屋出版MOOK)という本がある。 『開業法・味づくり・経営のラーメンQ&Aブック―有名店主が答える』(旭屋出版MOOK)  長っ …

続きを読む

群青@天六

 ネット上で非常に評判のいい群青に、やっと行くことができた。  土日水が休店日なのでなかなか行けなかったんだよなあ。  今年の初めに一度、やっと行けた日があった。見つけにくいのを探しに探してやっとたどり着くと、そこには「 …

続きを読む

のれんの野望

 先日の丼の話(「ラ丼を売らん」)に続いて、今度はのれんの話。  これも昔からちょっと気になってたんだけども、丼と同じく、意外に汎用品ののれんを使ってる店が多い。  普通ののれんは屋号が書かれているわけだけど、汎用品なの …

続きを読む

ラ丼を売らん

 最近よく紹介している2009年版のラーメン本をつらつらと見ていて興味深かったのは、それぞれの店が使っている丼。  もちろん店のネームが入った丼を使っているところも多い。ただ、これはなかなかコストがかかるのだろう。汎用品 …

続きを読む

○丈@天保山

 これまで天保山麺哲だった店が麺哲から独立し、2008/12/04、中華そば ○丈として再開店した。 暖簾は変わったが、上部の板の看板は変わってない。  メニューも変わり、これまでとは違うものとなっている。  そこで、2 …

続きを読む

つけ麺維新でつけ麺バブル

 とうとう出てきた「つけ麺コンサル」。  あるラーメン店にDMが送られてきていた。  この人たちは苦しいラーメン店の救世主か? それともなけなしの金を搾り取ろうとする、無責任なハイエナか?

麺の切刃の番手

 昨日のエントリ「伝説?」で麺の番手の話をしたので、こういうのを。 比べやすいように箸と定規を入れてみた。

南大阪のつけ麺、夢のコラボっっっ!

 何度か書いた話だけども、この10年ほどで大阪のラーメンはそれまでとは比較にならないくらい大きな進歩を遂げた。  そしてその過程で起こり、現在でも続いている関西のつけ麺ブームの中で、大阪にはいい店がたくさん出現し、大阪の …

続きを読む

2008年に食べたラーメン/つけめん

 あまりに中途半端な時期であるが(^^;、今年に入って全然書いてなかったので思いだしたようにまとめてみた。

MTG巡りの顛末(長いよ)【訂正あり】

【注 2008/08/22】「しゃかりき」の部分の表現が、パブリックな場での表現としてストレートかつ独善的に過ぎました。また、頑張っている店に対して不適当な表現もあったと思いますので、本文を一部訂正しました。  先日来、 …

続きを読む

短絡的なのはどっち?

 以前、「アイドルのエッチと、ラーメンのうま味」というエントリを上げたことがある。  化学調味料の話題。  このエントリは読者の少ない私のブログの中では、はてなブックマークを一番たくさんもらっていて(15users)、2 …

続きを読む

ラーメンガイドブック比較(加筆訂正版)

 先日お伝えしたとおり、<ま、ラーメンでも一杯。>を更新した。  これを記念して?、過去(2006年末)に書いた記事にちょっと訂正など加えてもう一度上げておこうと思う。  ラーメンのガイドブックの比較について。  まあき …

続きを読む

アイドルのエッチと、ラーメンのうま味

【2017年5月再アップ時の追記】このエントリは2008年6月にオリジナルのものを上げました。この頃はまだ化学調味料(うま味調味料)について漠然とした印象しか持っておらず、ここのエントリでも「使うのはいいとして、おおっぴ …

続きを読む

生冷し中華@オオタメン

 先日、普段行かないスーパーで、ある冷やし中華を発見。  一見、何の変哲もない冷やし中華。  いや実際、全く変哲はないんだけどね。  注目したのはそのメーカー。  オオタメンじゃないか。

さつまラーメン 吉四六@宝塚市

 何度か書いたけれど、以前は「九州ラーメン さつま」だった店が改名した。  やってる夫婦は同じ。  出てくるものも同じ。  店内の貼紙を見ても、「大分出身だから「吉四六」に改名した」という以上のことは書かれていない。