«

»

焼肉屋でライスを頼む

 前回の焼肉のたれの話(「お気に入りの焼肉のたれ、2つ追加」)の中で、私は焼肉はライスと一緒に食べると書いた。
 自分の家やいわゆるBBQの時もそうだが、店でもそうだ。
 
 ところが焼肉店の場合ライスを頼んでもなかなか持ってきてくれないところが多い。


 ライスを出すとその分おなかがふくれるので肉の売り上げが落ちるから、店はライスの注文を嫌がるのだそうだ。
 
 実際、何度催促をしても持ってこない店もあった。例えば堺東のぜ●屋では、数回の催促の後、本当にしびれを切らす頃にやっと出てきた。ずいぶん肉も消費してしまった後になって。この店に関しては味の記憶はなく、店にいる間ずっとイライラしてた印象しかない。せっかくの食事なのに。
 
「注文されても催促されるまでライスは出すな」
 
 とバイトに指示している店もあると聞いた。
 
 店の理屈はわかるが、私はライスで焼肉が食いたいのだ。それが客の理屈。だからそれができないぜ●屋にはもう行かない。
 
 以前はこのように、なかなかライスを出してくれない店には(よほど美味いとか安いとか思わない限り)次は行かないという対処をしていたのだが、それをやるとだんだん行ける店が減ってくる。(^^;
 自分の首も絞めかねないわけだ。
 
 というわけで最近は違う対処をすることにしている。
 
 最初のドリンクの注文の時に一緒にライスを頼んで、ライスが出てくるまで肉を頼まない。
 
 さすがにこれをすると、ちゃんとライスが出てくる。
 
 これで最初からご飯と一緒に焼肉が食べられるようになった。\(^O^)/

 自分が経験した中でも印象的なのは、あるてっちゃん鍋の店。
 焼肉と言うには微妙だが、位置づけ的には同種かな。
 
 この店は人に連れて行ってもらった。
 「ここはうまいで」と。
 連れて行ってくれた人を仮にAさんとしよう。
 
 Aさんはこの店の近所に住んでいて結構な常連さん。しかしその時いたパートのおばちゃんとは面識がなかったようだ。
 
 ドリンクを運び、具材を運び、鍋をテーブルにセッティングをしてガスをつけて、パートのおばちゃんは下がった。
 
 Aさんはこのテーブルの注文は全部終わったという感じで下がるおばちゃんに
 
「ライス持って来てね」
 
 と念を押す。
 
 最初にドリンクや鍋と一緒にライスも注文したのだが、鍋のセッティングが終わってもライスだけ出てこない。
 本人は鍋ができあがる前にとりあえずキムチとかで食べたかったようだ。
 
 しかしこの念押しにもかかわらず、ライスが出てこない。
 
 店には他の客もそこそこ入っている。おばちゃんは私たちより後の注文を捌きだした。
 じゃあまだライスができあがっていないとかいう事情であるのかといえば、そうでもない。
 おばちゃん、さっき念を押されたライスの注文を完全に忘れたかのように動いている。
 
「ちょっとちょっと、さっきも言うたけど、ライスお願い」
 
 こっちを一瞥もせず別のテーブルに向かうおばちゃんにAさんは声をかける。
 だんだんイラついてるのがわかる。(^O^)
 
「はい~」
 
 おばちゃん、返事はとてもよい。
 しかし持ってこない。
 
 炊飯器からご飯をよそって持って来るだけだから、生ビール入れるより早くできる作業なのに。
 
 返事の後、私たちより後の客の注文を持って行った。
 これが2回くらい続く。
 
 おいおい。(>_<)
 
 もううちのテーブルはイヤ~な予感に満ちていた。みんなそのパートのおばちゃんの動きに釘付けだ。
 
 しかしまた他の客の注文に。
 
 かなりヤバいと思った私は歩いてそのおばちゃんの目の前まで行き、
 
「あのテーブルにライス、早く持って来て」
 
 と。
 
「はい~」
 
 これで何とか……と思ったが、私の考えは甘かった。
 
 このおばちゃん、なんとまた別の注文に行きやがった。(>_<)
 
 そこで店内に大声が響いた。
 
「おい、おまえら帰るぞ! ほらほらほら」
 
 私たちはAさんに追い立てられるようにそのまま店を出た。
 まだ鍋はできあがってすらないのに……。。。・゚・(ノД`)・゚・。
 
 出る際、大声に何事かと奥から出てきた店主がAさんを見て、
 
「ああああああああ」
 
 と、言葉にならない声を発していた。(^^;;
 
 常連だから顔も知ってるし仲もいいそうだが、あんな対応されたらブチ切れて当然だろう。
 そしてこういう時にブチ切れる人だと知っているからああいう声になったようだ。
 
 結局何も食えなかった私たちはいい災難だ。うまいって連れて行ってもらったのに。
 
 おそらくは店主はパートのおばちゃんに、ライスは注文されてもなかなか出さないように言っていたのだろう。
 おばちゃんはそれを杓子定規に守ったと。
 
 つまんない知恵つけんでもいいのに。(>_<)

 後日談。
 
 Aさんは翌日その店に行って料金を払ったそうだ(もちろん謝りはしない)。
 店主は要らないと言ったそうだけども、Aさんは別に食い逃げ(食ってないけど)するつもりはないと。そういう人なのだ。腹を立てるとドカンといっちゃうが、それはひどい扱いに対してであって、別にケチなわけではない。
 
 で、その後、また改めてその店に食べに連れて行ってもらった。
 時間帯のせいか、そのときは店主のみ。Aさんとは普通に仲よさそうだった。
 
 確かに美味かった。
 前回これが食べられなかったのかと悔しく思ったくらい。
 
 その時はライスは最初に出てきた。(^O^)

追記:
 
 このエントリについて、

「ライスは皿に乗った米飯であって、お茶碗なら『ご飯』とか言うべきでは?」
 
との指摘を受けた。確かにそれはそうなんだ。ただ、『ご飯』はsupper全体を指す言葉でもあるので、避けてしまった。
 
 ここで一番適切なのは「白飯」あたりだろうかなあ。

追記2:
 
 私は焼肉屋にはそんなにたくさん行ってるわけではないのでそのあたりの情報は他人に頼るしかない。
 ブログや食べログに焼肉屋のレビューを書く人は、白飯を頼んでから出てくるまでの時間を是非、書いていただきたい。
 

突然食いたくなったものリスト:

  • 抹茶とようかん

本日のBGM:
Ich bin ein Sünder /ZELTINGER BAND





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA